株式会社Bonheur

保育園で行うワークショップ型面会交流

保育園で行うワークショップ型面会交流

BonheurShipの保育園安心安全対策

・保育園なのでレストランや喫茶店、公園に比べて、もともと不審者対策や警察等地域との連携、防犯がしっかり行われている施設を借りている。もともと穏やかな気持ちを育める雰囲気です。

・靴を脱いで柵をいくつか超えないと保育室に入れないしくみ。こどもを抱いては扉や柵をあけられないように2重3重のしかけ。更に、下駄箱は出口から遠い場所を使用し、クロークは保育室の奥見える場所に設定。監視カメラも設置。
(普段、面会交流をしている方は、場所は本当に安全ですか?)

・保育室は乳幼児の安全を最優先して財布以外は持ち込みNG

・車を横付けできない、大通りに面していないなど場所はしっかり選定。万一の事件がおきないようにスタッフを配置。(登録時にはしっかりしたお約束をして貰い、安全に御協力頂けない方や危険性が高い方はお断りします。)

手作りでしかも栄養に気を配った食事、アレルギーにも対応するよう食に関してもスタッフが安心安全のメニューを考えています。

・私物の持ち込みはチェック

・こどもの様子やパパとの様子は、連絡表で担当保育士が細かくお知らせ。排泄や食事、睡眠など時間や回数も報告します。

・乳幼児は疲れたらお昼寝もできます。

BonheurShipのくふう

ワークショップの最初と最後に行うカウンセリングで、今の悩みやこどものことを相談できます。

ボヌールシップならではの、ルールがあります。

○○ちゃんのパパ(お父さん)としての立場しかありません(スタッフもほとんどが名字を知りません)

毎月お父さんが主体的に育児に参加できるように保育士が寄り添います。

お子さんとの交流の場なのでパパ同士の会話は基本は不要です。質問もNG。

父・母・子を間接的に繋ぐ場として新しく家族関係の再構築や絆を紡ぐ場所になります。

父母は顔を合わせないので喧嘩やトラブルをこどもに見せなくて済みます。


その他、安心安全に楽しむくふうがいっぱい☆
詳しくはお問い合わせください。


ボヌールシップ面会交流    ボヌールシップ面会交流